MADSAKI 'HICKORY DICKORY DOCK'

Aug 25, 2016

main3.jpg

→→→ HIDARI ZINGARO

この度Hidari Zingaroでは、GEISAI∞infinity 2016年第1弾として、
MADSAKI個展「HICKORY DICKORY DOCK」を開催します。
会期
2016年8月27日(土) – 9月13日(火)
12:00-19:00
※レセプション 8月27日(土)18:00〜予定
※水曜定休


MADSAKIさんは、NYのカイカイキキスタッフのレイちゃんのインスタグラム( @forget_a_boutit )をフォローしていたら飛び込んできたイメージで、マチスやピカソとかを模倣しているヘタッピなブラシのペイントが目につき、それが欲しいと書き込んだところ本人から返事が来て、加えてレイちゃんからも「これ私の知り合いなんですよ。」と言ってきて近しくなって、作品を購入させてもらいました。マチスの作品はその後、横浜美術館で行った、村上隆のスーパーフラット・コレクション展に展示させてもらいましたけれど、その存在感が非常に着目され、随分多くの人に、「これどうしたの?」と聞かれ、話題をかっさらいました。
本人は非常に賑やかで、ちょっと見ると気が狂った様なおっさんですが、色々話を聞いていくと、帰国子女で、幼少期にニュージャージー州で日本人としていじめられて、投石されていたという過去を持つと言います。もしかしたらかなり盛っていて、嘘かもしれませんけれど、しかし今の作風における方向性はアメリカと日本の歪んだ構造を自分の中に取り入れている様な作風、テーマが多いです。
そもそもBarnstormersというグループで4年間ほど活動していたということですが、(Barnstormersというのは、David Ellisさんという方が中心となり、メンバーの誰かが描くと、その上に白く塗ってまた次の人が描くという非常に自爆的なグループであったんですが)現在は日本に戻ってきて個人活動をしています。
9月に僕がパリで行う個展で提出する作品でも、彼とコラボレーションを行ったりして、今、僕の中では非常に熱い存在のアーティストです。
身近なキャラクターやら、有名なアート作品、バカバカしいメッセージから、安倍総理の肖像画まで、政治的、社会的問題意識とそれをブッ飛ばすような形でのブラシペイントで、見る人の気持ちがスカッとすること間違いありません。

村上隆
Aug 25, 2016 | news

WANNABIE'S COLLECTION

Jun 4, 2016

WANNA-C.jpg

“WANNABIE’S COLLECTION”
by MADSAKI

Term | 会期: 2016. June10 (Fri) – July16(Sat)

Opening Reception June10 19:00-21:30

open : 11:00-19:00 (Tue-Sat)
Closed : Sunday, Monday, Holidays
オープン:火曜〜土曜 11:00-19:00 / 日月祝祭日 閉廊

Venue | 会場 : CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo
2F, 7-18-8 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 1060032, Japan
東京都港区六本木7-18-8-2F
tel : +81 3 3405 8438


昨年に引き続き、CLEAR EDITION & GALLERYではMADSAKIの個展「WANNABIE’S COLLECTION」を開催いたします。

2015年に弊廊にて開催された個展「WANNABIE’S」では無知な作家が世界中の名画をコピーすることによってマーケットでの名声を得るというストーリーのもとMADSAKIはwannabe(なりたがり)を演じながら自身の新たな側面を発表いたしました。今回はその同じ 「なりたがりアーティスト」が理想のコレクションを自ら描いてしまった世界最高峰のコレクション展を開催いたします。

ここに並ぶ作品はどれも美術館の目玉級の作品であったり、またはアート界のゴシップとしても注目を集めた物の「模倣品」ばかりです。多くの作家が大衆芸術や氾濫した消費社会のイメージを作品にアプロプリエイトして来たように、MADSAKIもまた大衆に(不本意な形であったとしても)広まったアートのイメージをこれまで揶揄してきました。

本展示はマーケットのトッププレイヤーでもあるコレクター達への羨望も含めた敬意や畏怖と言った複雑な感情を投影した作品展でもあります。そこには到底自分のお金では買えない好きな作品を自ら描いてコレクション展と題した作家の悲哀と、贋作ではない「粗悪なコピー」を通して改めてアートにおける唯一性の矛盾を気づかせてくれ、落札金額に全世界が一喜一憂するアートを取り巻く劇場的な状況への些細な抵抗が垣間見れます。

MADSAKIの展示の常ではありますが、究極的な質問でもある「そもそもこれは現代美術なのか」それとも「ただの悪ふざけなのか」、見ている物が「美しいのか」「オリジナルなのか」など日頃アートに対して我々が持つ価値観に彼は揺さぶりをかけてきます。実際には横浜美術館で開催された「村上隆のスーパーフラット・コレクション −蕭白、魯山人からキーファーまで−」で本シリーズが展示されるなど、作家本人が意識してきた自由さを超えたところで評価は高まっております。ただ、MADSAKIが昨年から提示している答えは極めてシンプルで、重要なのは我々第三者が開き直りあえてwannabeとして振る舞まい、再び自由にアートの中を泳ぎ楽しみを取り返すことなのです。

CLEAR EDITION & GALLERY is proud to announce the upcoming solo exhibition by Japanese artist, MADSAKI titled “WANNABIE’S COLLECTION”.

Through his solo exhibition in 2015 “WANNABIE’S”, the artist played a role of a “wannabe” artist who had the idea of making a name in the art world by copying already famous art works. This year the same wannabe artist created his own top-class art work collection.

All the pieces included in this exhibition are copies / re-makes of key museum works, or are works that were in the center of art-gossip. Following the steps of his precursors who appropriated mass produced images into their art, MADSAKI also has been ironically implying the image of the “art world” this past year.

This exhibition also portrays the artists complex feeling towards collectors who are the top players in this industry, with respect, fear and envy. Here you will feel a sense of sorrow of MADSAKI who re-painted the works he love, works he will probably never be able to purchase and titling the exhibition as a “collection”. Through his rough copies which can not even be called a counterfeit, the artists questions the contradiction of originality, and shows a subtle resistance towards the cinematic situation of record prices making the headline news.

Questions which always rise on incidents of his show, MADSAKI once again confronts us with the questions “Can this be called contemporary art? Or is it just simply a prank?”, “Is this beautiful?” or “Is this original?” juddering our stereotype thoughts on art. Although works from the same series has made its museum debut in “Takashi Murakami’s Superflat Collection−From Shohaku and Rosanjin to Anselm Kiefer−” MADSAKI’s suggestion seems extremely simple. Daring us to act as “wannabes” to swim through the art world with freedom, enjoying it, and taking matters back into our own hands.


Jun 4, 2016 | news

WORKS ON PAPER

Nov 30, 2015

WorksOnPaper2015_WebFlyer.jpg
Nov 30, 2015 | news

TOKYO WALKMAN

Aug 30, 2015

TOKYOWALKMAN_bg.jpg
Aug 30, 2015 | news

WANNABIE'S

Jul 17, 2015

wannabies-2015.jpg
“A Bigger Splash 2” 2015 / acrylic, aerosol on canvas, 167x167x5cm


WANNABE (noun)
1: 他人、もしくは他の物になることを熱望し、それを真似ること
2: 希望が打ちひしがれ、失敗もしくは失敗する可能性が高い:成功したライバルを真似ようとするもの(企業、市、プロダクトなど)のこと

from the Marian-Webster Dictionary


昨年に引き続き、CLEAR EDITION & GALLERYではMADSAKIの個展を開催いたします。挑発的なメッセージを中心に作品を展開して きた作家の全新作展です。社会を風刺したような痛快さを保ちながら彼の新たな試みが見える展示となります。

この個展に向けて作られた作品のほとんどが先人達の作品を模したり再解釈したもので、その参照元は美術館や教科書、オークション市 場に度々登場する「有名」(高価/貴重)な作品です。それらは既に現近代美術作品という性質を超越し大衆にも浸透した記号となってお り、アート業界の仕組みや劇場的な側面を含め消費主義を代表する象徴の一つです。多くの作家が大衆芸術や氾濫したイメージを作品 にアプロプリエイトして来たように、MADSAKIもまた大衆に(不本意な形であったとしても)浸透した今日のアートのイメージを盗用し、 自身が設立した架空オークションハウス(本個展)を「WANNABIE’S」と名付けました。新作を含めてアートにまつわる状況自体を作家の目を通して本個展で我々に提示します。

“なりたがり”という意味の英単語と世界最大のオークションハウスChristie’sを組み合わせた造語でもあるWANNABIE’Sに出品され るものは全て紛れもない本物(MADSAKI作)であり、同時に本物(オリジナル)ではないそれに”成りたがっている”作品です。既に80年 代より議論しつくされているように美術における唯一性の意味は希薄ですが、我々は改めてそれに気付かされると同時に、アート自体が 歴史や社会環境、マスコミニュニケーション等、多くの要素によってある意味「偏った」視点の中で相対的にしか存在意義がないというこ とに直面します。それをMADSAKIは自身のスタイルと、サンプリング/リミックスなどの手法が当たり前に存在し進化してきたストリート のアティチュードを残しながらアイロニーたっぷりに自身の作品として架空オークションハウスという展示空間にはめていくのです。

数年前にオークションで購入した前所有者の個人宅にかけられ一般の目に触れることのなかったピカソの絵画が史上最高額でまた売買 されたことが記憶に新しい様に、このアート劇場の舞台の中心に立つ者のみが”成功者”ということであれば、皮肉なことに関わるほとん ど全ての者がwannabeで終わることでしょう。ただ、MADSAKIの作品 から伝わるのはアートを取り巻く仕組みや”名作”の高騰し続ける価格 に心を踊らせる人々に対しての悲観や非難/否定ではなく、サーカスとし てのこの側面を自ら楽しんでいる状況です。この舞台をMADSAKIは”ア ーティスト”役になりきりながらアイロニカルな視点で引っ掻き回し、遊 ぶのです。”彼ら”からしてみればwannabeの私たちに名作を身近に感じる機会を作家なりに与えてくれるのかもしれません。

MADSAKIの展示の常ではありますが、究極的な質問でもある「そもそもこれは現代美術なのか」それとも「ただの悪ふざけなのか」、見てい る物が「美しいのか」「オリジナルなのか」など日頃アートに対して我々 が持つ価値観に彼は揺さぶりをかけてきます。もしかすると、彼が提示 する答えは極めてシンプルで、重要なのは我々第三者が開き直りあえて wannabe として振る舞まい、再び自由にアート(界)を泳いで楽み取り返すことなのかもしれません。



”WANNABIE’S”

Opening Reception: 2015.07.17 Fri 19:00 - 21:30

2015.07.17 FRI〜08.29 SAT Open 11:00 - 19:00 Tue〜Sat
(Closed on SUN, MON, Holidays)


CLEAR EDITION & GALLERY
2F,7-18-8 Roppongi, Minato-ku, Tokyo


---------------------------------------------------------------


WANNABE (noun)

1: a person who wants or aspires to be someone or something else or who tries to look or act like someone else
2: something (as a company, city, or product) intended to rival another of its kind that has been successful; es- pecially : one for which hopes have failed or are likely to fail

from Marian-Webster Dictionary online

CLEAR EDITION is proud to announce the 3rd solo exhibition by Japanese artist, MADSAKI.

Well known for his provocative art works (phras- es) this upcoming solo exhibition will house his most recent, experimental series.

Most of all the works which will be presented have been inspired (basically copied or referred to) by the so called masters of art, with famous (expensive / precious) works seen in school text books and public institutions, some even creating a dramatic craze with their unlimited prices. Works by these artists easily surpass the basic function of a“painting”, and can be even considered as a symbol of the vulturous consumerism in the art industry broadly known to the public today, with sensational head- lines of record prices. As many artists appropriated images of democratic art forms and even works from other artists, MADSAKI will steal the imagery of the art industry today, and create his own auction house (this exhibition) naming it the “WANNABIE’S”, portraying an ironic view of the world through his new series of paintings.

All works shown at the“ WANNABIE’S” are genuine (made by MADSAKI) but at the same time not. They are“wannabe”originals. Following the ongoing debates since the appearance of“appropria- tion”, we will once more notice that there is no importance in originality, and that artworks only exist in the means of relativity, deeply effected by history, social backgrounds, mass communication etc. MADSAKI portrays this ironically through his own“auction house exhibition”with his distinct style and his tongue in cheek attitude from the streets where sampling / remixing existed as a common method from its initial stage.

With the recent news of a Picasso painting reaching the most expensive price for auction sales, if the members on this“art drama”stage are considered the ones successful, ironically most of the people related to art will have to end as“wan- nabes”. What MADSAKI aims to portray is not denial nor a feel- ing of lament towards the soaring market, but enjoying this dra- matic craze. With the role of an“artist”in this circus he moves freely on stage with his distinct ironic perspective and straight forward messages. Perhaps he is giving us“wannabes”the chance to feel the masters art works by up close in his own humorous way.

Questions which always rise on incidents of his show, MADSAKI once again confronts us with the questions“Can this be con- temporary art? Or is it just simply a prank?”, “Is this beautiful?” or “Is this original?” juddering our stereotype thoughts on art. However his suggestion seems extremely simple. Daring us to act as “wannabes” to swim through the art world with free- dom, enjoying it, and taking matters back into our own hands.
Jul 17, 2015 | news

MADSAKI Book "WRITE HERE, WRITE NOW"

Feb 27, 2014

MADSAKI_Cover-thumb-640x814-20845.jpg


この『Write Here, Write Now』は、2013年7月19日から8月10日まで、六本木のCLEAR EDITION & GALLERYで行われた個展"Write Here, Write Now"に展示された作品を収めたものです。言葉を巧みに用 い、生々しくストレートで、そして皮肉たっぷりのメッセージが込められた作品群。そして現在のMADSAKIのア イコンとなっているとも言えるスマイルマークの作品「Happiness Overdose」など、展示されたすべての作品 を掲載しています。

そして、この『Write Here, Write Now』には、アート、音楽方面で多数執筆を手掛けられている荏開津 広 (Hiroshi Egaitsu)氏が、「2013年の個展で一番良かった」という賛辞をMADSAKIに送ると共に、自ら序文 を手掛けることを名乗り出てくれました。

この「変幻自在」なアーティストMADSAKIの現在を、是非ご覧ください。

MADSAKI_Book_1.jpg

MADSAKI_Book_2.jpg

MADSAKI_Book_3.jpg

MADSAKI_Book_4.jpg

MADSAKI_Book_5.jpg



絶賛発売中!

MADSAKI
WRITE HERE, WRITE NOW

限定 500部
本体価格 \3,000 (税別)
2013年11月13日発売
B5変形サイズ、本文64ページ、ソフトカバー
HIDDEN CHAMPION ONLINE STORE

AMAZON.COM

LIMITED TO 500 COPIES
November, 2013
ISBN-978-4-9907395-1-5
C0071 \3000E
Printed in Japan


Credits
Foreword: 荏開津 広 Hiroshi Egaitsu
Art Direction: 松岡 秀典 Hidenori Matsuoka
Special Thanks: CLEAR EDITION & GALLERY
www.clearedition.jp
Feb 27, 2014 | news

FUCK YOU TOTE BAG

Jan 28, 2014


FUCK YOU TOTE BAG COMMERCIAL



LOMMI-BAG.jpg




こちらから購入できます → ORDER NOW


Jan 28, 2014 | news

NEWS

Aug 5, 2013

souvenir.jpg

お待たせ致しました!待望の "HAPPINESS OVERDOSE TEE" のBLACKが遂にやって参りました!
ココで購入できます!

クレジットカードをお持ちにならない方には現金書留OKですので info@madsaki.com にメール下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CLEAR EDITION & GALLERY での個展 "WRITE HERE, WRITE NOW" は8/10(土)が最終日です

8/6(火)  15:00ー21:00
8/10(土) 12:00−21:00

はギャラリーにいますので是非お越し下さい!
お待ちしております!


Aug 5, 2013 | news

HIDDEN CHAMPION 10TH ANNIV. ART EXHIBITION

Aug 3, 2013

LIBRARY_Flyer_front.jpg

昨夜のオープニング・パーティーは「ラッシュアワーの山手ラインか?」というぐらい大盛況でした。
HIDDEN CHAMPION さまおめでとうございふぁっきんまっちです!!!!

8/5までなので DON'T MISS THIS!!!

Aug 3, 2013 | news

NEWS

Jul 3, 2013


7.19FRI からCLEAR EDITON & GALLERYで個展をします!


スクリーンショット(2013-07-03-7.12.18-AM).jpg

Jul 3, 2013 | news

H.O.T Now On Sale!

Apr 9, 2013

HOT.jpg

遂にHappiness Overdose Teeがスーベニア・ストアにやってきた!
しかもスーベニア・プライスで!
SOUVENIR STORE → CLICK HERE

* XL 完売しました.








HOT_2.jpg
My neighbor rockin' the shirt. (size : XL)

Apr 9, 2013 | news

via EYESCREAM.JP

Apr 4, 2013

eyescream_jp.jpg





『鼻血を垂らしたニコちゃんマーク”HAPPINESS OVERDOSE”をアイコンとしたこのスーベニア・ストアでは、「ストアからプロダクトまで、ありきたりのレディメイドをそのまま使って表現する」というコンセプトを設定。現在はVINYL スティッカーと、3個セットのバッジが販売されており、密かに話題を呼んでいる。』 --- EYESCREAM.JP "TODAY'S NEWS"



Apr 4, 2013 | news

MADSAKI SOUVENIR STORE "Button Badge"

Mar 12, 2013

souvenir_button.jpg





button_pic.jpg




カンバッジはじめました → ENTER HERE

ステッカー1枚が付いてきます(初回限定)

Mar 12, 2013 | news

"MADSAKI SOUVENIR STORE" GRAND OPENING

Feb 28, 2013

souvenir.jpg

お土産屋はじめました → ENTER HERE

Feb 28, 2013 | news

Let's MADLINGUISH by MADSAKI

Feb 22, 2013

Old-New-York-075_s.jpg


『この度、CLEAR EDITIONでは
MADSAKIをお招きした参加型の英語教室を開催いたします。
英語教室と言ってももちろん正当派なわけがありません。
「ビジネスシーンや商談で使える!」……とは思えませんが、
それよりも重要な日常の流儀を伝授いたします!
全8回ほどのコースを通して、
実際に日常の中での人付き合い、
NYを歩いてもツーリストに見られない方法など、
かなり実践的なテーマでお届けいたします。
MADSAKIがお届けする『ブルックリンの歩き方』
お楽しみに!』



「全く英語が苦手!」
「英語が話せない!」
「どうやって英語って覚えるの?」
「言ってることは理解できるのに、どうやって返していいのか解らない!」
「すぐに英語が出てこない!」
「返せたとしても、もっと話しかけられない?」

大丈夫めん。そんな不安や悩みを笑顔で解消してあげるめん!



学校&英会話学校では絶対教えてくれない英語&英会話&etcをお酒を飲みながら学べるよ!
25年間NYCで生きてきた僕が教えるんだからブッファッキン飛んでるに決まってるさ!
真面目な話、自分が大変な思いをして英語を学んできたから教え方は親切だし上手いよ!参加者それぞれのレベルに合わせてリアルな英語を伝授いたします!

ご予約はこちらからLet's MADLINGUISH!



予定レッスン内容(前期)

1)挨拶 (2013.3.28 THU 18:30 -)
-introduction
-マナーやその他の一般常識
-自己アピール
-日常のやり取り 街角のデリでの一幕

例)Wassup!と言われたらどうやってどのように答える?


2)Body Language (2013.4.11 THU 18:30 -)
-道端での振る舞いのABC

例)間違ってゲットーに入って(地下鉄で降りて)しまいました。このまま歩いていたらマジヤバイ感じです。さぁ、どうする?どうやって歩く?


3)スラング (2013.4.25 THU 18:30 -)
-スラングでやり取り
-正しいf*ck と sh*tの使い方

例)This is a pen. これをスラングで言うと?
  Yo, this is a fucking goddamn motherfucking pen you fuck. など



4)loco fashion (2013.5.9 THU 18:30 -)
-都会の田舎者にならない方法
-ショッピングの仕方 / 店員に勝つ方法

例)はい、レジでごまかされました。相手に言う衝撃的な一言は?


Feb 22, 2013 | news

MY PAPER TUESDAY JANUARY 22 2013 - SHOWBIZ A13

Jan 25, 2013

NEWSPAPER.jpg

newspaper2.jpg

久しぶりにメディアに登場しました。シンガポールはアジアでも日本とは全く違うってことがこの新聞から伝わってきました。迚嬉しかったです。

ボクの作品に対して「これはアートなのか、コメディーなのか、それともただのクソなのか?必ず議論になることでしょう。」

やっぱ、そうこなくちゃ。アートに対して、メディアはそういうことをガンガン言ってくれないとこっちが創ってる意味が無い。ディスるならちゃんとガンガンディスってもらいたい。疑問があるならその疑問を言葉にしてガンガン書いてもらいたい。

ニコちゃんマークが鼻血を垂らしているだけのシンプルのイメージや、言葉を殴り書きしているだけの作品だけど、そこに辿り着くまでの道のりは並大抵のことではなく、コンセプトと哲学をもって真剣に創っているわけであり、また社会やアートに対してへのメッセージと疑問を投げつけているのだから。それを褒めたりディスすることはボクは大歓迎ですし光栄です。

また、シンガポールでは「ファック・シット」などの言葉を公共の場所で言ったり書いたりすることはタブーらしく、そのタブーを勇気もってブッ壊すようなことをしてくれたボクのレップでもあるCLEAR EDITION GALLERYに大感謝です。

Jan 25, 2013 | news

Pic From Singapore

Jan 15, 2013

singapore.JPG
Jan 15, 2013 | news

TOKYOSTREET

Jan 13, 2013

tokyostreet POSTER NEW BG.jpg
Exhibition Featuring New Urban Street Art By 9 Artists From Japan

"TOKYOSTREET" Jan.22 - Feb.23.2013

Hiraku Suzuki/Hitotzuki/Koichiro Takagi/Madsaki/MIkito Ozeki/Oyama Enrico Isamu Letter/Ryuichi Ogino/Taku Obata/Youta Matsuoka


39 Keppei Rd Artspace@Helutrans #01-05 Tanjong Pagar Distripark SINGAPORE
Jan 13, 2013 | news

"Happiness Overdose" Prints Now Available!

Dec 7, 2012

prints.jpg


笑顔で鼻血をピロ〜っとながしているかわいいスマイリーちゃんのシルクスクリーン・ポスターが遂に発売!
クリスマス・プレゼントに今年はそんなアートをプレゼントしてみるのはどうでしょうか?
クリスマス・プレゼントに、事務所に、ホームスイートホームに、飾ると更にハッピーになれること間違いなし!

限定20枚なのでお早めに!手刷りなので1枚1枚多少異なります!
スマイリースティッカーがおまけについてくるぞ!

GET IT HERE NOW!

Dec 7, 2012 | news

Inter FM 76.1 MHz "PIRATE RADIO" #150

Nov 28, 2012

1204.jpg

あのカントリー野郎がミラーボールの下にやってくる編

この曲の後にこれはないだろ!と突っ込み満載ディスコ
曲順はもうメチャクチャ
ミックス一切無し
全曲平均6分の曲を贅沢にそのまま垂れ流し放題


「おい、カントリー野郎!一体何を考えて選曲してんだ!」
「曲のタイトルとタイトルで繋げてんだよ!」
「ふざけんなっ!」
「最後に曲のタイトルを順番に上から繋げてみろ!Love Storyになってんだよ!」

曲の詩も全てLove Storyというラブリーな感じ


そういえば
6分で思い出したんだけど

むかしガンズのアクセルがラジオ局に

「7分もあるパラパラダイス・シティは短くしないと流さない!」と言われ
ブチギレて発狂したことが当時アメリカのラジオで話題になったなぁ

Nov 28, 2012 | news

cutlog 2012 / Contemporary Art Fair, Paris France

Oct 18, 2012

cutlog_2012.jpg

homefull11.jpg


cutlog 2012 October 18 -21 Bourse de Commerce de Paris
2 rue de Viarmes 75001 Paris

Clear Edition & Gallery Tokyoのアーティストとして参加しています

Oct 18, 2012 | news

Solo Exhibition "In Between" by MADSAKI

May 31, 2012




In-Between_exhibition_2012.jpg








2009年の個展直後に「絵を描きたい」という想いが僕から完全に消えてしまいました
絵描きの筈なのにこの2年間、僕はキャンバスの前に1度も立つことをしませんでした


2年ぶりの個展です
2年ぶりに絵を描いています




描かずにはいられないぐらい、絵を描くことがなによりも楽しいです







この度CLEAR EDITION & GALLERYではMADSAKIの2年半ぶりの個展『In Between』を開催いたし ます。弊廊にて2009年に開催した『ALL I DREAM ABOUT IS SUNSEX / PAINTING』以来の個展とな る今回は、前回から大きく変貌した新しいシリーズを発表いたします。

MADSAKIの独特な感覚は彼自身が体感した様々なカルチャーが元になっています。色鮮やかな色彩から刺々しいもの、具 象的なものから抽象的な作風まで、ここ数年急激に進化と変化をしつつも、作風は彼自身の性格が色濃く 反映されたものになっています。

「不協和音」をテーマに描いた新シリーズの有機的に「動いている」色や形は、キャンバス上の秩序だっ た黒い格子から溢れ出し自由に突き進んでいきます。先のSUNSEXシリーズでは徹底的に「人」の痕跡 を排除するかのような技法で「文様」的な作品を描いてきましたが、しばらく絵を描くことから離れていた MADSAKIが満を持して取り組んだこの新シリーズはその真逆であり、作家として描くことの原点に戻り ながら自身に課していた制作上の秩序から解放された筆の痕跡が、全面に出ています。

この2年の内に様々な心境や環境の変化を素直に反映させたと語る作家が描き出す情景は「絵を描く」と いう彼の根本を問い直し、確かめる作業にも思えます。 タイトルにもなっている言葉「In Between(間)」にあるものは、音楽を含め幅広い活動をしているMADSAKIを「絵を描く」ことに常に引き戻し、つなぎ止める初期衝動であることに違いありません。




CLEAR EDITION INC. 株式会社クリアエディション
Taku SATO / 佐藤 拓 (gallery director)

CLEAR EDITION & GALLERY / www.clearedition.jp contact@clearedition.jp





May 31, 2012 | news

Inter FM 76.1 MHz "PIRATE RADIO" #106

Jan 19, 2012

radio106.jpg

来週の 1/24 (Tuesday) 23:00 - 24:00 Inter FM 76.1 MHz "PIRATE RADIO" めん。


「MADSAKIの中でのロックで好き勝手にしていいよ」と言われたんだけど、ボクにとっての「ロック」は範囲が広すぎる&滅茶苦茶すぎるし、"Smile Rock" というイメージもあるから、今回は自分が25年間育ったアメリカの大自然をテーマに「18 wheeler(トラック)とラジオ」という土臭い選曲めん。


ハワイ島のサドル・ロードをジープで走ってた時にラジオから流れてた曲を想い出したり。 I-95 を U-HAUL のでかいトラックで、ブルックリンからノースキャロライナまで運転していた時に、バージニア州で夕日の中に映るアパラチア山脈を見ながらラジオから流れていた曲を想い出したり。20代前半の時に、1ヶ月かけてポンコツの中古車でアメリカを東から南部へ西へとクロスカントリーした時にラジオから流れていた曲を想い出したり。13歳の時にニューヨーク州から黄色いボロボロのスクールバスに揺られてメイン州まで行った時に、レッドネックの運転手がカセットテープで聴いてた音楽を想い出したり。


もし、ボクがアメリカで 18 wheeler の運転手をしていたら、アメリカを横断している時に聴いてるであろうという選曲めん。笑


Twitterのハッシュタグは#ckpirateめん。

Jan 19, 2012 | news